はあちゅう氏著「自分」を仕事にする生き方を読んで考えたこと、思ったこと。

はあちゅう氏著「自分」を仕事にする生き方を読んで考えたこと、思ったこと。

私は情けないことに、自分が何者であるかを人にはっきりと伝えられずにいます。

自分がよく分からない。

自分をさらけ出すことを恐れて、「こんなことしたら変に思われるかな?」と、世間体を気にする自分がいることは自覚しています。

私は他者からの評価を気にしすぎて、自分にとっての「普通」をさらけ出せずにいるのです。

自分の好きなことや得意なことを自身で正確に捉えて、自分軸で行動している人こそが自分を仕事にできるんですよね。

まだまだこれからです、私は。

はあちゅうさんのこの本を読んで、改めて思いました。

【はあちゅうさんの「自分」を仕事にする生き方を読んで心に残った箇所】

①「自分のどんな要素がどう人の役に立つかは、誰かが決めてくれること」
②「自分にとっての普通は、誰かにとっては普通ではないということ」
③「自分が幸せになれない仕事は、手放していい」

 

①「自分のどんな要素がどう人の役に立つかは、誰かが決めてくれること」

これって人の役に立つのかな?
なんて考えてしまって、行動することを躊躇してしまうことがあります。
でも、本当のところ人の役に立つかどうかなんて自分には決められない‼︎

これって、すっごく人の役に立つと思うわ♪なんて、

そんなのは本当のところ、人のためじゃなくて自分の心を満たしているだけ。

自分が好きなことを一生懸命やって、人から「ありがとう」と言われる人生って幸せだろうな。

私の場合、ありのままの自分を認めて生きることから実践しなくちゃ!!

 

②「自分にとっての普通は、誰かにとっては普通ではないということ」

ブログを書き始めてからしみじみ思うのは、自分にとっての普通は、自分以外の人からすると普通ではないんだということ。

こんなつまらないこと書いてもなぁ・・・。

そう思うことほど、人から喜ばれたりするので驚きます。

たまたま食べたお店の食レポだって、そのお店を知らない人にとっては有益な情報になったり。
たとえ自分日記になったとしても、もしかしたら誰かのためになっているのかもしれない。

私という人間が、丸ごと情報源になるような面白い人生を送りたい、なんて思う今日この頃です。

 

③「自分が幸せになれない仕事は、手放していい」

私は先月、4年ほど勤めていた職場を退職しました。
自分には向いているはず‼︎と思って選んだ仕事でしたが、仕事も職場も合わずに身体をこわしてしまったのです。

本当の自分の姿を隠して、上司や先輩から怒られないよう、ひたすら黙々と目の前の仕事をこなす日々でした。

それって楽しくもないし、疲れるだけ。
世の中に価値あるものを生み出すこともできずに、自分の人生を粗末に生きているだけなんですよね。

収入がなくなることが怖くて、ずっと辞める決心がつかず…あっという間に4年が過ぎました。

もう限界だ!!と、思い切って職を手放してみると、意外にも自由と安心の世界が待っていたのです。

なーんだ、仕事、辞めてよかった‼︎

一歩前進できたのだから、また、もう一歩。
世間体を捨てて、今度は自分の心に正直に進んでみよう。

今はまだ自信をもてないけれど、自分に嘘をつかないで生きていこうと思っています。

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら