ドライアイにオススメの目薬!ムコスタ点眼液とジクアス点眼液

ドライアイにオススメの目薬!ムコスタ点眼液とジクアス点眼液

PC、スマホ、読書に夢中になって、気づけば目が重〜く感じることがありませんか?
知らず知らず、まばたきの回数も減って、ディスプレイをじっと見てしまう。現代人は、ドライアイに悩まされる人が多いそう。

私もそのうちの一人です。体質なのかもしれませんが、目がずっしり重い、パサパサする、そんな症状が長期的に続いています。

あまりに目が乾き過ぎると、眼精疲労にも繋がって、頭痛やめまいがして大変!コンタクトレンズを装着した時には、もう、しんどい!!ドライアイの症状が重いので、眼科で涙点プラグを挿入してもらっています。

 

それでもまだまだ潤いが足りず、目がぱっさぱさ。

もっと潤いたい。うるうるしたい。乾いた女って、なんかイヤだわーーー。

 

かかりつけの眼科で、乾ききった私に処方された目薬が、コチラの2つ。
この2つ、ドライアイに効果絶大です!!

ムコスタ点眼液

ムコスタ点眼液

ムコスタって、胃薬じゃないの?と思いきや、なんと点眼液もあるんです。
成分は胃薬と同じ「レバミピド」という成分。
https://www.otsuka.co.jp/company/release/2012/0105_01.html

 

この目薬は白い液体で、さすと、たちまち目が曇って白い視界が広がります(笑)。
しばらくすると、通常のクリア視界に戻りますのでご安心を。
私は夕方から夜、一日2滴使っていますが、それで十分。
ただ、デメリットは「苦い」ことですね。

 

 

ジクアス点眼液

ジクアス点眼液

この目薬は、なんだかとろみを感じます。
無色透明で、一日に5回ほど使っていますが、すごくいい。
ムコスタとセットで使うとなおいい。
まばたきしても、重さをあまり感じなくなりました。

デメリットは、ちょっと目がかゆくなることです。個人差はあると思いますけどね。
これだけ潤ってくれるのならば、多少のかゆみはガマンできるかな。

 

市販の目薬もあれこれ使いましたが、この2つを超えるものは今のところありません。

ムコスタ点眼液とジクアス点眼液。
眼科へ行くのは手間ですが、私は手放せないですねー。

 

The following two tabs change content below.
follow us in feedly