Mac初心者の備忘録②【delete、backspace】〜Macを使いこなすための、ちょっとした知識〜

Mac初心者の備忘録②【delete、backspace】〜Macを使いこなすための、ちょっとした知識〜

私はブログを書く時、いつもEvernoteに下書きを書きます。
その後、下書き文章をコピーして、WordPressにテキスト形式で貼り付けをしているのですが、そこでまず、文章全体を選択するという作業が発生します。

はい、初心者ですもの。ただそれだけの作業に苦戦していました。(笑)

それに、Macのキーボードにはdeleteキーはあるのですが、Windowsでいうbackspaceキーがありません

しかもdeleteキーの動きがbackspaceと同じってどういうこと!?

 

文章全体を選択する時は、⌘(command)+Aで一発解決!

私、今まで2通りのダメ方法で文章全体を選択していました。
一つは、track padを2本の指で下方向へスライドさせていました。

あ、スクロールっていうんですね?

スクロール

 

しかも長文だと、人差し指一本で支えを保ちつつ、中指のみ下方向へスリスリと。

これ、長文だと思いっきり中指をビヨーンと伸ばして、めちゃくちゃ大変!!
あ、あとちょっとでたどり着くぞ・・・って時に、するっ!と指が離れてあっけなく選択解除。

もう、テンション下がるーーー。

 

もう一つは、shift+矢印キーで選択をする。これ、気が遠くなるほど進むのが遅いんです。

それがどうやら、⌘(command)+Aで一発らしい。
ああ、無知って恐ろしいですよね。

 

Windowsでの「delete」は、fn+deleteで解決!

Windowsにあったbackspaceキーがないっ!!

Macを使い出してこれには驚きました。
キーボード右上に、「delete」キーがありますが、Windowsであって当たり前の存在だった、あの「backspace」キーがどこにも見当たらないんです。

キーボード

 

しかもMacの「delete」キー、「backspace」の動きなんですよー。

カーソルの位置から、左方向へ「←」削除していくんです。
まあ、なんてことでしょう!?

どうやらMacで「backspace」キーのように、カーソルの位置から右方向へ「→」削除したい時、

Fn+deleteなんですねぇ。

うーーーん。Mac、なかなか手強いぞ。

憧れのベテランMacユーザーへの道のりは長そうです。とほほ。

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら