「できたことノート」を始めて2週間!眠る前の5分は自分褒めタイム

「できたことノート」を始めて2週間!眠る前の5分は自分褒めタイム

私はついつい「できないこと」を見てしまうクセがあります。

あーーー、まだアレができていない!今日は何もできずに一日が終わっちゃう!!

夜になると、一人で焦って「できていない」自分を責めるのです。

 

本当に、「できていない」んだろうか?

じゃあ私ってば、一日なにをしていたの?

そんな時ふと手に取った本が、「できたことノート」。

1日の終わりに5分間、「できたこと」を3つくらいメモします。

なんでもいいんです。例えば・・・

☆今日はヘルシーなお弁当を作った。

☆机の上をキレイに片付けた。

☆駅でエスカレーターではなく、階段を使った。

とにかく、できたこと探しをします。

毎日の「できたことメモ」から週1回、1つを選んで内省文を書きます

内省文に盛り込む要素は4つあり、思考を助ける質問文に答える形で内省します。

①詳しい事実:具体的に何があったの?

②原因の分析:なぜそれができたの?

③本音の感情:いま、素直にどう感じている?

④次なる行動:明日からどんな工夫をしてみる?

こうして内省することを習慣化すると、自己肯定感もアップして、「できていない」というマイナスの思い込みから脱皮できるんだとか。

 

どうしても「できないこと」を見てしまう日常でしたが、「できたこと」探しをするのが寝る前の新しい習慣になりつつあります。

やり始めて思ったのは、意外に「できているんだ」ということ。

自己肯定感に包まれて眠りにつく方が、いい夢がみられそう。いくつになっても、ワクワクすることは大切ですね。

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら
follow us in feedly