NHK受信料、しつこい集金人に困った時の対応法〜1人暮らしの知恵〜

NHK受信料、しつこい集金人に困った時の対応法〜1人暮らしの知恵〜

一人暮らしをしていると、突然の訪問者に警戒しませんか?
私は一人暮らしを初めて4年ほど経ちますが、一番怖かった訪問者はNHKの受信料集金人です。

引っ越しをすると、どうやら必ずやって来るらしい。

朝から晩まで、人の迷惑なんてお構いなしでインターホンを鳴らし続け、とにかくしつこい!!

一人暮らしの女性なら、きっと怖いと感じるのではないでしょうか?

普段テレビはほとんど見ないのですが、見ないことが受信料を支払いわない理由にはならないんですよね。
私はイヤイヤながらも支払いをしていますが、うちのマンションのお隣さんは支払いをしていないそう。

そんなお隣さんから教えてもらった、NHK集金人への対応法をお伝えします。

 

インターホンが鳴り続けても、決して出るべからず!

NHK集金人は、朝から夜遅くまでお構いなしにやって来ます。
私の経験だと、朝は8時台から始まり、夜は9時過ぎまで何度も何度もインターホンを鳴らされました。

誰なんだろう?
もしかしたら、緊急で何かあるのかも?
もしかしたら、大切な用事でもある人なのかも?

あまりにしつこくインターホンを鳴らされると、ちょっぴり心が揺れてしまって、もしかしたら・・・と、応答してしまったり、ドアと開けてしまいそうな気になってくるかもしれません。

ですが、ここはグッと堪えて相手が立ち去るのを待ちましょう。

 

インターホンに出てしまった、もしくはドアを開けてしまったら・・・

お隣さんや友人にも聞きましたが、たいていの集金人は男性で、怖いです。

もしも間違ってインターホンに出てしまったり、ドアを開けてしまった場合、

「私はここに住む友人の留守番をしているだけなので、分かりません!」

「友人は、いつ帰ってくるのか分かりません!」

とキッパリ言いましょう。

ここの家の住人ではない、そうキッパリ伝えると、NHK集金人は疑いながらも帰って行くらしいです。

「私はここの住人ではない」ことが事実でないにしても、集金人はまず証拠を提示することはないでしょう。できたとしても、そこまでする権利はないと思うのです。

 

私がやってしまった過ちは、宅急便の時間指定とほぼ同時刻にインターホンが鳴った時、宅急便が届いたかと思い対応してしまったことです。

時刻は21時。

まさか、NHKは一人暮らしの女性宅へ21時に訪れるような非常識な組織だなんて思いもしなかったもので・・・

うちは一応オートロック付きマンションですが、おそらく他の部屋の誰かが開けてしまったから玄関口までたどり着けたのでしょう。

ドアを開けると、そこには若くて無愛想な男性が立っていました。

 

「よくも今まで支払わないできましたよねぇ?普通、引っ越しと同時に払いますよ?支払わないのは法律違反ですからねぇ。まぁ、今までの分はしょうがないですけど、来月から支払ってもらいますから!!」

 

と、21時に突然やって来て一方的に威圧的な態度。怖いってば!!

 

NHKの品位と信用を損なう行為だと思うのは、私だけでしょうか?
まぁ、NHKにさほど品位も信用も感じることもないのですが。

 

「NHK撃退シール」を玄関口に貼るといいらしい

ネットで撃退法を検索していたら、このようなものを見つけました。NHKから国民を守る党が発行しているNHK撃退シール。
http://nhkkara.jp/seal.html
こちらに関しては、私には詳細は分かりません。本当に撃退できるのであれば欲しかった!!

それにしても、国営放送局のはずなのに、これほどまでに迷惑だと思っている国民が多数いるってどうなの?と考えてしまいました。

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら