極度に疲れると、回転性のめまいがします・・・原因はからだのコリなのか?

極度に疲れると、回転性のめまいがします・・・原因はからだのコリなのか?

はぁ・・・。今日は夕方帰宅したら、急なめまいに襲われました。

回転性のめまいで、耳鳴りは伴わないのでメニエール症候群ではないかと思います。

いつも相当疲れている時、朝起きた時、ぐるぐるすることがあります。

何年か前に病院へ行って検査をしたことがあったのですが、原因は分からず。

めまいが起きる時、これが原因なのでは?と自己分析すると、
・首筋がかなり凝っている時
・肩や背中がかなり凝っている時
・目がかなり疲れている時
・かなりストレスを感じている時
・とにかく全身がかなり疲れている時

 

ようは、相当疲れているということですね。

もう、こんな時はブログなんて書いてないでさっさと寝てしまえ、と思います。

 

なのに私、ちょっと気になるとすぐにネットで検索するクセがありまして、

めまいの症状をまとめたサイトで、自分に当てはまりそうなものを見つけました。

 

椎骨脳底動脈循環不全

大動脈から分岐して脳とくに脳幹や小脳へ血流を送るのが椎骨動脈であり、脳底動脈です。この血管の血流が悪くなるとめまいをおこします。この場合のめまいは20~30秒でおさまることが多いのです。椎骨動脈は頸椎の中を通っています。そのため、急に後ろをふりむいたり、天井を見上げたり、床を見たりする動作によって血液循環がさまたげられてめまいをおこします。とくに生まれつき椎骨動脈が細い人、動脈硬化によって椎骨脳底動脈に狭窄がある人、老化で頸椎が変形し、動脈を圧排している人ではおこりやすいのです。検査はMRAによって椎骨脳底動脈の変化を調べます。治療は首をとくに朝の起床時に勢いよく屈曲しないように気をつけます。動脈硬化の危険因子のある人はそのコントロールをおこない、とくに喫煙者は禁煙します。

「20秒〜30秒でおさまることが多い、急に後ろをふりむいたり、天井を見上げたり、床を見たりする動作」と、この部分は当てはまるかな。

良性発作性頭位変換性めまい

頭を動かしたときだけに軽い回転性のめまいがおこり、20秒以内に自然におさまるのが特徴です。この原因は多岐にわたります。たとえば昔カナマイシンを注射したなど内耳の障害が原因であることもあれば、更年期で神経が敏感になっていることもあります。軽い脳幹梗塞やその後遺症でおこることもあります。また、過労、睡眠不足、酒の飲み過ぎなどが原因になることもあります。きちんとした検査のあとで良性発作性頭位変換性めまいと診断された場合には安心して良いでしょう。めまいの専門医ほどこの病名を使わないものだと言われています。予防法は急に振り返る、天井を見上げるなどの急な頭の動作を避けます。逆にめまいが起きる動作をくり返すことによってめまいがおこりにくくなることも知られています。

引用:日本神経学会 よくある症状「めまい」

「頭を動かしたときだけ軽い回転性のめまいがおこり、20秒以内におさまるのが特徴、過労、睡眠不足などが原因」と、この部分はうなずけるかな。

と、素人ながらあれやこれやと原因を探っています。

ちなみに、部屋の大掃除も進まずこんな感じで・・・
片付け

部屋の状況も、めまい級だわーーー。

そんなことより、2017年は明日で最後なんだし、疲れているんだから早く寝よう!!

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら
follow us in feedly