④子宮頸部腺癌(上皮内)〜初めて受けたコルポスコピー生検〜

④子宮頸部腺癌(上皮内)〜初めて受けたコルポスコピー生検〜

健康診断で毎年やっている細胞診は、ブラシなどで子宮頸部を擦って、
採取した細胞をガラス板に固定し、それを色素で染めて顕微鏡で見る検査。

細胞診で引っかかったら、次はコルポスコピーと生検。

※コルポスコピーと生検については、こちら
「女性のための統合ヘルスクリニック イーク丸の内・有楽町・表参道」
https://www.ihc.or.jp/seimitu/cervical_cancer

 

さて、私の初めてのコルポスコピーと生検の体験談をお話します。

 

私は紹介されたのが大学病院で、前回の初診時に検査予約をしました。

婦人科特有の足を広げる診察台で行われ、所要時間は20分ほどだったと思います。

 

診察台へ座ると、検査担当の女医さんから「まず拡大鏡の設置しますねー」と声をかけられました。

女医さんも看護師さんも優しく接してくれるものの、もう、とにかくすべてが怖かった!!

カーテンがあるし、どんな器具を挿入しているのかは分かりません。

しかし、それが何やら痛い!!
飛び上がるほど痛いわけではないけど、すごく不快な感じ。

でも、じっと我慢だ。

「設置が完了したので、観察します」と告げられ、じっと耐えること5分〜10分弱くらい。

それが、すごーーーく長く感じる。観察は全然痛くない。

 

「観察が終わりました。今から薬品を塗って、疑わしいところを調べますね」

と告げられ、酢酸を塗られて1分ほど待つ。これも痛みはなし。

酢酸を塗ると、良くない箇所の色が白く変わるらしい。

 

女医さんから再度声かけあり。「はーい、じゃあ疑わしい所の細胞を採りますね。ちょっと痛いかもしれないけど・・・」

 

おおーーーっ!!ついにくるぞ!!恐ていたやつが!!!

すっごい怖くて、ものすごく身構えていたと思います。

 

女医さん「はいっ、今、1ヶ所採りました。大丈夫ですか?気分悪くなってない?」

えっ!?今、何も感じなかったんだけど・・・。

私「だ、大丈夫ですーーー」

じゃあもう少し頑張ってと言われ、合計4ヶ所、疑わしき細胞をちぎり採られました。

 

終わってすぐは結構どばどば出血して、夜用ナプキンを1時間ごとに取り替えていました。
歩いたり座ったり、動くとどばどばーーーっと。

生理2日目以上の出血があるようなら縫わないといけないので、すぐに連絡してと言われたものの、
縫われるのも怖くてそのまま様子をみることに。

検査3日目からは出血量も減ってきたものの、だらだらと2週間ほど止まりませんでした。

 

検査を受ける前は、コルポスコピーと生検が怖くてネットで検索しまくっていましたが、
すごく痛いという人の方が多いようです。

でも、私は器具を設置する時以外は全然痛みを感じませんでした。

 

検査の結果が出るのは、3週間後。

癌なのか、異形成なのか、私にとってはどちらもイヤな結果。

まぁ、おとなしく結果待ちをしよう。

つづく
子宮頸部腺癌(上皮内)〜生検の結果、がんを告知される〜 | 気ままにhappyライフ

The following two tabs change content below.
華平もも

華平もも

おっちょこちょいな、おひとりさま女子です。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら