病気のこと

⑦子宮頸部腺癌(上皮内)〜初めての手術、子宮頚部円錐切除〜

病院の夕食

2020年2月20日、ついに入院の日を迎えました。

入院は2泊3日で、子宮頸部円錐切除の手術を受けます。

個室を希望していましたが、空きがなくあいにく4人部屋に。

婦人科病棟は女性ばかりのせいか、とても静かで落ち着きがあります。
陽当たりのいい窓側の病室になったので、居心地もいいし、まぁ、いいかな。

 

2020年2月20日(木)14:00 入院


15:00 さっそく、下剤を飲む。

明日の朝6:00には、さらに浣腸をして腸をキレイに。

15:30 婦人科の主治医が病室へ来た。

主治医の女医さんは外来で診てくれている先生なんだけど、キレイでかわいい、そしてカッコイイ♡

 

16:00 麻酔科の先生が病室へ来た。

真面目そうで優しげな男性医師。明日の手術を担当してくれるらしい。

「何か不安なことはありますか?」と聞かれ、

「すべてが不安です!!」と即答した私は正直者。

「大丈夫。全身麻酔だから、眠っている間にすべてが終わっていますよ♪」

と、いくら優しげな医師に言われても、不安が静まる気配はまったくないよ。センセイ。

 

21:00 消灯

21:00になんて、とてもじゃないけど眠れない。とりあえず横になってブログ書いたり、スマホでゲームしてみたり。

だんだん明日の手術のことが気になってきたものの、
それほど緊張感はなく、眠剤を飲んだらいつの間にか寝落ちしていました。

 

2020年2月21日(金)手術当日

朝6時に浣腸を済ませ、9時にシャワー浴びて髪も洗ってさっぱりいい気分♪

午後12:00 看護師さんに連れられ、手術室へ歩いて移動。

付き添ってくれている彼氏と、手術室の前でいったんお別れ。(うぅ、不安が高まる。)

 

始めて入った大病院の手術室!!おぉ、ドラマで見る風景だ!!(今度は胸が高まる。ハラハラ、ドキドキ今日はやけに忙しいわ♪)

 

テキパキといかにも仕事できそうな看護師さんが、
「今日、担当させていただきます。よろしくお願いします。」と挨拶をしてくれた。

「こ、こちらこそ・・・よろしくお願いします。」(あらら、すでに不安でいっぱい)

 

手術を受ける部屋に到着。
主治医の先生、他の婦人科の先生、麻酔科の先生、看護師さん、7人くらいがスタンバっていました。

 

ここからが驚いた。これは病院によって違うのかもしれないけど、
ミスをしないよう手術前に手術内容等を全員で共有し、確認し合うんです。

調べてみると、タイムアウトっていうらしい。
【参考】タイムアウト:ウィキペディア

今回の子宮頸部円錐切除術は、開腹はせず膣の中から電気メスで頸部を円錐状に切除するというもの。

「名前を言って下さい。」と、まずは自己紹介から。
「今日は、どんな手術を受けるのか、主治医の先生から説明を受けていますか?」
「病名は何で、どこを切ると聞いていますか?」

と、聞かれたことに対して順に答える。アレルギーの再確認をされ(スギ・ヒノキ・いちじくです)

「では、手術台へ上がって下さい」と促される。

えっ、手術台って自分で上がるものなのっ!?

病室から手術室まで自分の足で歩いてきたくせに、緊張のあまりよくわからない疑問が頭をよぎる。

 

麻酔科の先生が血圧、脈泊を測り、点滴を始める。

「少しボンヤリしてきましたかぁー?」と聞かれても、全然ボンヤリなんてしてこないし大丈夫なのか?私。

酸素マスクをつけられて、まず酸素を吸って吐いてするよう指示される。普通に、スーハースーハーと。

「じゃあ次は眠くなる麻酔を流しますね。大きく息を吸ってーーーー吐いてーーーーって繰り返して下さいね。」

麻酔科医師に言われるがままにスーハースーハーしていたら、3回目くらいから以後の記憶がまったくないっ!!

 

看護師さんに「無事に終わりましたよー。」と声をかけられ、目が冷めたのは麻酔が始まってから2時間後。

えっ!?2時間も過ぎてるじゃん!!びっくり。

主治医の先生から痛みがあるかと聞かれ、生理痛のような痛みを感じることを伝える。
すっごく痛いわけではないんだけど、腹部に違和感はあり。

手術時間は実質30分ほどなんだけど、前後の処置も含めてトータル2時間くらい。

病室にはさすがにベットのまま運ばれて、待っていてくれた彼氏の顔を見るなり、急にホッとした。

 

付き添っていてくれて本当にありがとう。いつも一緒に居てくれて本当にありがとう。

 

それから半日ほど、ベットで安静にしていました。
夕食はもりもり食べられるし、点滴は繋がっているもののトイレも普通にいけました。

 

なんだ、思ったより大丈夫だった。

 

2020年2月22日(土)退院

その後は3日ほど生理痛みたいな痛みが続いたものの、元気に退院しました。

もし、扁平上皮系の初期の子宮頸がんで、円錐切除術を受けることに不安を感じている人がいたら、

「怖いかもしれないけど、きっと大丈夫だよ。」と伝えたいです。

 

術後は生理みたいな出血がしばらく続くけど、痛みもありません。

仕事は、私は都合があって1ヶ月休んだけど、2週間もあれば元気に復帰できるんじゃないかと。

私は腺がんなのでこれからまだまだ次の手術が待っているけど、頑張って乗り越えるぞ!!

 

つづく
↓↓↓
子宮頸部腺癌(上皮内)〜円錐切除の病理結果も上皮内癌だった〜 | 気ままにhappyライフ

The following two tabs change content below.
はなひらもも

はなひらもも

適応力あり、計画性のないアラフォーです。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら
ABOUT ME
はなひらもも
はなひらもも
適応力あり、計画性のないアラフォーです。食べ歩き、写真を撮ること、ねこ、お笑いが好き。 詳しいプロフィールはこちら
PAGE TOP